LINE交換

婚活サイト・婚活アプリでマッチングした後、「どのタイミングでLINEへ移行しようか…?」と迷っている男性もいるでしょう。

逆に早々に「LINE交換しませんか!?」と提案されて困ってる女性もいるのではないでしょうか。

LINEに移行すれば画像などやり取りがスムーズにできる反面、IDや本名がバレるリスクもあります。

そもそも婚活サイトやマッチングアプリでLINE交換は必要なのでしょうか?

和美和美

アプリのメッセージ機能だけじゃダメなのかな?

マサトマサト

もし交換するならどのタイミングがいいんだろう?

そこで婚活サイトや婚活アプリでLINEへ移行するタイミングについて解説します。

まだLINE交換をしたくないときに使える嫌われない断り方もあわせて紹介。

婚活アプリでのLINEの使い方について悩んでいる人は参考にしてください。

スポンサーリンク

婚活アプリでのLINE交換のしかた

LINE交換

メールが主流だったころは、メールからLINEに移ることはネット婚活には欠かせないステップでした。

しかしマッチングアプリが主流になった今では、アプリ内のメッセージ機能であらかた事足りるので、わざわざLINEに移行する必要性は薄れています。

とはいえLINEに移行すると心の距離が縮まるのは確かなので、LINEへ移行するならタイミングと切り出し方を間違えないようにしましょう。

移行のベストタイミング

婚活アプリでLINEを聞くベストなタイミングは、初デート(アポ)の約束を取り付けた後です。

お互い初めて会うにはアプリ内メッセージでは不安があるので、「念のためLINEを交換しませんか?」と切り出すのが一般的です。

LINEだと待ち合わせに遅れるときなど電話で連絡できるため、初デートの前だけはLINE交換する口実が言えるんですね。

初デート前のLINE交換の例文

「待ち合わせ当日、何かあったときでも連絡できるよう、よかったらLINEを交換しておきませんか?」

またデート前にLINE交換しておけば、デートが終わった後もそのままLINEで会話を続けられるので、会話がスムーズにつながるのもメリットです。

女性側としても受け入れやすいため、LINE交換は初デートの約束の後にしましょう。

マサトマサト

会ってからLINEを聞くのでもOKだと思うよ

もしデートよりもっと前にLINEを聞きたい場合は、聞くタイミングは慎重に見極めないといけません。

女性は男性より婚活アプリに不安を抱えている人が多いので、タイミングが早すぎると「ガツガツしすぎ」「もしかしてヤリモクかもしれない」と怪しまれてしまいます。

マッチング後すぐにLINEを聞くのはもってのほか。アプリのメッセージ機能でまずは相手にしっかり信頼してもらいましょう。

少なくともアプリ内でのメッセージを5往復はしてから聞いた方がいいと思います。

LINE交換の例文

LINE交換を提案するときは、連絡方法を相手に選ばせてあげるのがコツです。

LINEに移行するかアプリ内メッセージを続けるかを、相手に選ばせてあげるんです。

たとえば次のように提案します。

LINE交換を提案するときの例文

「○○さんとはもっと色々話したいなと思うので、よかったらLINEを交換しませんか?

でもLINE交換はもっと仲良くなってからというのであれば、

今までと同じようにアプリ内のメッセージでもちろん大丈夫です!」

ポイントは「まだ交換したくなかったらアプリ内メッセージでもいいよ」と相手に選ばせてあげることです。

これなら相手が断る負担も減るし、断られても気まずくならないので今まで通りやり取りができます。

和美和美

こういう提案なら女性も返信しやすいわね

ただしあくまでもLINE交換をするタイミングの基本は「初デート前」です。

焦って女性を警戒させないよう、LINE交換にこだわりすぎないことが大切です。

オンラインデートの後はLINE交換しやすい

マッチングアプリの中には、メッセージ交換の最中にビデオ通話ができるオンラインデート機能のあるアプリがあります。

このオンラインデートをした後は、スムーズにLINE交換をしやすいです。

というのも、多くのアプリのオンラインデートには15分間という制約があります。

なので会話が盛り上がってきたら、「じゃあこの後はLINE電話で話しませんか?」とLINE交換の流れに持っていきやすいんですね。

マサトマサト

自然な流れでLINE交換ができるよ

ビデオデート機能のあるアプリは↓こちらで紹介してるので、ぜひ参考にしてください。

マッチングアプリのオンラインデートってどう?使った感想と注意点

LINEへの移行を躊躇する女性の心理

LINE移行

婚活アプリからLINEへの移行を提案したとき、躊躇する女性が多いのは分かりましたよね。

では、なぜ女性はLINEへ移行することをためらうのでしょうか?

女性の心理を知っておけば、強引にLINEを聞くことのデメリットが分かると思います。

相手のことを信用できていない

一番多いのはまだ相手のことを信用しきれてないという理由です。

女性は男性よりもマッチングアプリやネットでの出会いに警戒心を持っています。

最終的にはブロックすればいいものの、それでも見ず知らずの男性に個人情報を教えるのは怖いものです。

メッセージでまだ相手のことを信用できないとき、疑っているときは、女性はLINE交換をするのをためらいます。

IDや本名がバレるのが怖い

LINEは本名で登録している人が多く、教えることで本名がバレるのを嫌う人もいます。

設定でニックネームに変更はできるのですが、友達への表示も変わってしまうため本名のまま使っている人は大勢います。

そのままIDを渡してしまえば、見ず知らずの相手に本名がバレてしまいます。

マサトマサト

確かに本名がバレてしまうのは嫌かも…

IDが業者に流出するリスクもあるし、乗っ取りの被害に遭う可能性だってあります。

むしろIDを教えるよりも「会ってからQRコードを交換する方が安全」と言えるでしょう。

既読がつくのがイヤ

LINEはメッセージに既読がつくため、読んだかどうかが一目で分かります。

既読スルーだと思われないために、「読んだらすぐ返信しなきゃいけない」と脅迫観念にかられる人もいます。

このように返信を焦らされるのが嫌で、LINEへの移行をためらう人もいます。

和美和美

LINEだと無視するのは気が引けるもんね

婚活アプリでは女性は複数の男性とやり取りすることが多く、一日に何人ものメッセージに返信しないといけません。

なのでLINEは「本当に仲良くなった人だけ交換したい」と考える女性も多いのです。

相手と相性が合わないと感じている

残念ですがメッセージの中で「相手と相性が合わないかも…」と感じているケースもあります。

マッチングした時点ではいいなと思っていても、メッセージのやり取りの中で「なんか合わないな…」と感じることはあるでしょう。

メッセージは意外とその人の内面が表れてしまうものです。

なのでやり取りで失敗しないよう、↓こちらの記事のような対策を知っておくのは重要です。

婚活サイト・婚活アプリでメッセージが続かないのはなぜ?【例文とコツ】

LINE交換の上手な断り方

LINEの断り方

女性からすると「LINE交換を提案されたけどまだ交換はしたくないな…」というときもあるでしょう。

そこで「アプリ内でやり取りを続けたいとき」「もうやり取りを続けたくないとき」の2つに分けて、上手な断り方を例文つきで紹介します。

アプリ内でやり取りを続けたいとき

まだ数回しかメッセージのやり取りしてないのにLINE交換を提案されたとき、「連絡は取りたいけどもう少し相手を知ってからにしたい…」と思う女性は多いでしょう。

「LINEはまだ教えたくないけど、断って音信不通になるのもイヤだな…」

そんな微妙な状態のときは、次のような断り方をおすすめします。

LINEの断り方 例文

「LINE交換の提案ありがとうございます。

せっかくのお誘いなのですが、もう少しアプリ内でメッセージ交換をしてからにしてもいいでしょうか?

まだマッチングして間もないので、できれば◯◯さんのことをもっと知ってから交換したいなと思っています。

メッセージを通じて話が合うなと感じているので、このままやり取りを続けられたら嬉しいです!」

大切なことは、やり取りをやめたいわけではない気持ちをしっかり伝えることです。

相手は断られると自分はダメだったのかなと思ってしまい、連絡をしてこなくなる場合があります。

やり取りを続けたいなら女性からも「アプリ内で引き続き話したい」ということをしっかり伝えましょう。

もうやり取りを続けたくないとき

メッセージのやり取りをしていて「正直相性が合わないと感じるので、LINEは交換したくない」という場合もありますよね。

もしこれ以上やり取りしたくないのであれば、次のような内容で断りましょう。

LINEの断り方 例文

「LINE交換のご提案ありがとうございます。

せっかくのご提案なのですが、正直に申しますとメッセージのやり取りを通じて◯◯さんとは少し価値観が合わないのかなと感じています。

申し訳ありませんが今回LINEの交換は断りさせてください。

これまでメッセージ交換をしていただき、ありがとうございました。」

大切なのはLINEの交換を提案してくれたことに感謝の言葉を伝えながらも、今後のやり取りはできないとはっきり伝えることです。

曖昧な言い方をしてしまうと、相手も「アプリ内でメッセージを続けていればそのうちLINEを交換してくれるかも」と期待を抱いてしまいます。

合わないと感じているのであればお互い時間の無駄になるので、ここでちゃんとお断りをしましょう。

婚活アプリで相手を傷つけない上手な断り方【LINE例文つき】

まとめ

婚活サイト・婚活アプリを使っていると、いつかはLINE交換を提案したり提案されることがあります。

しかし最近のマッチングアプリはメッセージ機能が優秀なため、それほどLINEへの移行は重視されていません。

焦ってLINE交換しようとすると、かえって逆効果になりがちです。

マサトマサト

無理にLINEに移行する必要はないんだね

和美和美

もし提案されても、断るときはちゃんと断らないとね

もしLINE交換するのならアプリ内メッセージで仲を深めて、デート前の連絡手段として使うのをおすすめします。

うまく活用して、スムーズにお付き合いにつなげてくださいね!

この記事が役に立ったら↓シェアしていただけると嬉しいです!

真剣度が高く結婚につながりやすいアプリ一覧

おすすめ婚活アプリ

  1. ブライダルネット

    ブライダルネット

    ブライダルネットは結婚相談所と同等のサービスが格安で利用できる本格派婚活アプリです。

    男女同一料金のため結婚を目的とした人しか登録しておらず、多くのマッチングアプリのような結婚する気のない人との無駄なやり取りが発生しません。

    結婚を前提にお付き合いできる相手を見つけたいなら一番おすすめできるアプリです。

    公式サイトを見る

    口コミ・評判を見る

  2. ユーブライド

    ユーブライド

    ユーブライドは30代・40代を中心とした「結婚をちゃんと考えている人向け」の婚活アプリです。

    数あるマッチングアプリの中でも年齢層が高いため、真面目な人が多くてメッセージの返答率が高いです。

    そのため、他のアプリでマッチングしにくい人でも比較的交際まで進みやすいです。

    公式サイトを見る

    口コミ・評判を見る

  3. ペアーズ(Pairs)

    ペアーズ

    ペアーズ(Pairs)は会員数1,000万人を超える国内最大級のマッチングアプリです。

    年齢層も20代から40代まで幅広く、恋活から婚活まで現代のあらゆる出会いに利用されています。

    女性無料のため本気の婚活アプリより真剣度は落ちますが、人数の多さではどのアプリもかないません。

    公式サイトを見る

    口コミ・評判を見る

おすすめ婚活アプリをもっと見る

もっと真剣に婚活をするなら…オンライン結婚相談所

オンライン結婚相談所のすすめ

婚活アプリ・マッチングアプリで成果がない人は、結婚相談所に入った方が早く結婚相手が見つかります。

でも結婚相談所は費用が高いし、「モテない人の最終手段」というイメージもあるので、入るのは躊躇しますよね…。

和美和美

まだ結婚相談所のお世話にはなりたくないわ!

マサトマサト

でもマッチングアプリでは全然うまくいかないんだよね…

そんな「婚活アプリは苦手だけど、さすがに結婚相談所まで入るのは…」と二の足を踏んでいる人は、オンライン結婚相談所を使ってみてはいかがでしょう。

オンライン結婚相談所なら、従来の結婚相談所の半分以下の値段で同等の紹介サービスを受けられます。

オンライン結婚相談所では次の3つのサービスが有名です。

スマリッジ 会員数の多さと料金の安さは、オンライン結婚相談所の中でナンバー1。

スマリッジ公式サイトを見る

エン婚活エージェント あらゆる結婚相談所の中でも顧客満足度トップ。オンライン結婚相談所のパイオニア。

エン婚活エージェント公式サイトを見る

ペアーズエンゲージ マッチングアプリで最も会員数の多いペアーズが作ったオンライン結婚相談所。

ペアーズエンゲージ公式サイトを見る

オンライン結婚相談所は2019年頃から流行り出した新しいサービスで、今急速に会員を増やしています。

次の記事ではそんなオンライン結婚相談所は本当に使えるのかを解説します。

オンライン結婚相談所って?マッチングアプリで結果が出ない人に最適な理由